カードローン本審査で落ちるのはなぜ?

転居の費用が必要になったため、初めてカードローンの申し込みをしました。仮審査の段階ではどこも融資可だったのに、その後契約に進む段階ですべて却下されてしまいました。過去にお金のことで問題があった記憶はありません。ですがすべて落ちたということは、何か原因があるのでしょうか? 自分はふつうに会社勤めをしていて、収入もふつうだと思います。

カードローンを複数同時に申し込んではいけません

同時に複数の申し込みをなさったのでしょうか? ふつうに安定した収入のある会社員であれば、カードローンは借りられたと思います。「いくつも申し込んでおけばどこかでは借りられるだろう」と思われたのかもしれませんが、残念ながら、その考えが裏目に出てしまいました。仮に最初のところでダメだったとしても、結果をもらってから次に行けば問題なかったはずです。

金融機関は審査のときに、個人信用情報というのを参照します。ここに個人の金融関係の履歴が登録されています。そこには、申し込みをしたことも登録されてしまいます。だいたい月に3回以上申し込みをすると「申し込みブラック」と呼ばれる状態になり、それだけで審査に通りづらくなるそうですよ。なぜかというと、よほどお金に困っている人と判断され、返済を不安視されるためです。

対策としては、しばらく時間を置くことです。次の申し込みをするまでに、一か月以上は開けてください。また転居の費用が必要とのことですが、使い道がはっきりしているのであれば、フリーローンや目的ローンの利用も考えてみてください。主に銀行で扱っています。たいていカードローンより金利が低いのでおすすめです。

ローン本審査で落ちることが多い場合にはブラックの可能性も

ローンを組むときには、仮審査を受けた後に本審査を受ける場合があります。例えば、住宅ローンの場合には、最初に内諾をもらった上で、契約を結んでからローン本審査を受ける事になります。内諾をもらった時点では、これくらいなら借りることができるだろうという金額を提示してくれるのですが、それにもかかわらずローン本審査で落ちることもあります。なぜこのようになるのかというと、審査の基準が異なるからです。

内諾をもらう時点や、あるいは仮審査を受ける時点では正式に審査が行われていないと考えておきましょう。融資の条件を知るために、年収やその他の情報を提示するというのが内諾や仮審査です。ですから、考え方としては、「もしも本審査に通った場合には、このような条件で融資を行います」というものなのです。ですから、内諾をもらっても仮審査に通っても、ローン本審査に落ちると言うことはよくあることです。このような景気の悪い状態が続いていますから、それほど難しいことではなくて、日常茶飯事に起こっていることだと考えておくべきでしょう。

ローン審査で落ちる原因の一つが信用力調査です。信用情報機関に問い合わせて、信用力があるかどうかを調査することは、ローン本審査では行われます。たいていの融資では行われる調査だと考えておくべきでしょう。しかし、内諾をもらう時点や仮審査を受ける時点では、この調査は行われないのが一般的です。そのために、本審査を受けると落ちてしまうと言う現象が起こるのです。

信用力調査とは、信用情報機関に情報提供を求めるものをさします。過去に借り入れをしたことがあって、それを返済していないことがあったり、返済していたとしても何ヶ月か滞納していると、この情報が信用情報機関に登録されます。そうなると、信用力調査の結果として、信用力はないと判断されることになるのです。これによってローン本審査に通らないというケースはよくあることなのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ブラックでまとめローン組める!?→気になる金融会社をチェック All Rights Reserved.